天使DEアクマ

10月15日発売 発売延期11月12日予定 h ≪Cross Talk≫
■天使DEアクマ
定価:\9,240(税抜\8,800) JAN:4560100333034

【what'sNew?】---------------------------------
紹介ページ公開しました。
PR
新ブランド「クロストーク」のデビュー作。
いままで、ありそうでなかった
「ロリ責め・お兄ちゃん受け」AVG。
スタッフ
■原画:TATSU屋
■シナリオ:松島 七男
環境
OS:Windows98se2000/Me/Xp
CPU:Intel Pentium?233MHz以上
メモリ:64MB以上(128MB以上)
解像度:640×480(必須)
サウンド:WAVE
その他:要CD-ROM、マウス、キーボード
ストーリー
僕は予備校生。
お隣に住んでいるマキちゃんは、僕の住んでいるアパートの持ち主…大家の娘。
…ていうか、あたりの土地を持っている地主の娘。お金持ちの家に生まれたせいか
まぁ、我が儘なことといたら…。
僕が勉強していると、いつも遊びに(邪魔しに?)やってくる。
彼女の父親は厳しい人なんだけど、彼女が僕のことをどう言っているか、えらく覚えがめでたい。
まぁ、それもプレッシャーなんだけど…ね。

「マキちゃんさ、僕じゃなくて、T大生とかに教えてもらえば?」
「なんで?」
「だって…現役の方がアタマいいんじゃない?」
「大学生なんて、入試しか勉強しないからダメよ」
「予備校生の方が、よっぽど勉強してるって!」

ニコニコしながら、肩をバンバン叩かれる…励ましているのやら、イヤミ言われているのやら。
しばらくして、マキちゃんが僕の顔をじっと覗きこんできた。

「…なに?」
「何か気づかない?」
「何って……?」

僕がそう言うと、マキちゃんが不満げに唇を尖らせる。

「んもう、お部屋、キレイになってるでしょ?」
「えっ…そういえば……」
「お掃除してあげたんだよ」

と、得意げなマキちゃん。

掃除って……。

「えっ?い、いつ?」
「今日」
「お兄ちゃんが予備校に行っている間に」

か…勝手に入ったのか…って、大家の娘だもんなぁ、鍵がすぐ…。

…まさか。

無意識に、目線が本棚に行った。それを遮るように、マキちゃんがぬっと顔を出す。

「あ、あの……さ」
「ンフフ…お掃除してたらさ」
「…いー、もの見つけちゃった」

目を細めて僕を見つめるマキちゃん。
その表情は、天使って言うより、むしろ
アクマ…。

…このときから、僕の運命は大きく変わったいったのだ。

ありそうでなかった、絵下り責めAVG。生意気なロリっ娘にいいように責められちゃえ!
お部屋で、お外で、女の子はエッチに興味津々。エスカレートする要求に、男として答えていけ!

◇ CG