櫻姫詳細情報!!
櫻姫  発売日 2001年3月23日金曜日  8,800円(税別) (C)Lapis
 鷹群(たかむら)は奇妙な「能」をみた。仮面をつけた女たちが古の楽器を奏で、舞っている。やがて彼女らの仮面がパクリと割れ、素顔が見えた。どこかで見たことのある顔たち・・・。夢だった。鷹群は古代史の大学の講師である。学校に着いた途端、鷹群は既視感に襲われた。夢に見た顔が、学生にあったのだ。妙な気分で帰路につくと、黒塗りの牛車が目の前に止まる。 ・・・牛車ではなく、自動車だった。中から羽状沙耶花(うじょうさやか)と名乗る白と赤に塗られた和服の女が現れ、鷹群を車に押し込め、連れ去るのだった。「ようこそ、貴船の社へ」気付くと、そこは神社だった。羽状沙耶花はここの巫女なのだった。「わたくしの、おじい様とお話ください」神主である老人の話は鷹群にとって、にわかに信じられないものだった。九条たかむらという陰陽師が千年前に存在した。彼は、都・京を魍魎から守護するため、朝廷より命を受ける。魍魎とは、この頃都を震撼させている人ならぬもの。たかむらは首尾よくその魍魎を封じるのだが、直後に失踪したという。そこに残されていたのは、名も知れぬ巫女の死体のみ。たかむらと彼の持つ剣は何処とも知れず消えてしまった。朝廷の命のもと失踪したたかむら探しが始まったが、誰も見つけることはできなかった...。老人は鷹群に言う。「そのたかむらが、実はおぬしなのだ」千年前失踪した陰陽師・たかむらは、転生して現代に現れたのだ。とまどう鷹群に老人は続けて言う。「千年後の今、魍魎の封印が解けようとしている。鷹群よ、魍魎を滅ぼすのだ」。老人の話が信じられない鷹群。「まだ記憶が蘇っていないため、戸惑っているだろう。先ずはかつての記憶を思い出すのだ。おぬしがかつて用いていた式刀(ちょくとう)を探しに出かけよ。記憶を思い出す助けとなろう。沙耶花を連れて行くがいい」「さ、そんな顔してないで。論より証拠、剣を探しに出かけましょ」戸惑いを残したまま鷹群は、沙耶花に連れられ、式刀探しの旅に出かけるのだった。
対応機種
CPU
メモリ
95
98
2000
Me
NT
Pentium266MHz以上推奨
64MB以上推奨
         
     
HDD空き容量
解像度
サウンド
255MB以上
800×600表示可能なもの
MIDI、PCM、
CD-DA
再生可能な
サウンドカード
△印について
対応機種での動作確認はいたしておりますが、個別のサポートに関しては致しかねます。

幼なじみ ぶるまー2000 いただきじゃんがりあん 凌辱せんせい Wing&Wind Heart of Hearts
AliveRenewal 蒼き大地 らぶらぶティータイム サフィズムの舷窓 ファイト!まこと