■みちくさ〜Loitering on the way〜
発売日
2008年10月24日
ブランド
TAKEOUT
タイトル
みちくさ〜Loitering on the way〜
定価
¥2,940(税込)
JANコード
4543733100068
OS
WINDOWS
メディア
CD-ROM

・紹介ページ

■あらすじ
槁ヶ丘学園に通う平凡な学生である主人公、嵯峨 智秋は小さな引っ越しを余儀なくされた。

特に大きな事情ではなく、単純に家の改築工事の為である。
その引っ越し先もそんなに離れているわけではなく、転校する事もなかった。
―――ささやかな影響はあったが。

引っ越し先が山一つ越えた先にあり、都内近郊とは思えないほど拓けていない土地だったのだ。

通学経路も変わり、新たな足となった単線電車だが、本数が極端に少なく、
不測の事態でしばしば停車し、時にはそのまま運休となる事もあった。

そして、その日、乗っていた電車が停まっても焦る者は誰もいない。
もちろん智秋も例外ではなく、この空いた時間をどうするかぼんやりと考えていた。

その時、視界の隅に歩いている見慣れた制服の女学生の姿が映る。
けれど、ただそれだけなら、目を惹く事はなかった。

彼女が歩いていたのは、車内の通路ではなく、―――線路の上、だった。

■キャラクター
◆嵯峨 智秋(さが ちあき) 今作の主人公。

学園の2年生。

一見目立たない学生で、事実さほど自分を主張するような性格ではない。
 他者に対してのアピールも希薄。
 けれどそれは単に面倒で愛想が足りないだけであり、逆に言えばメリハリが強いタイプ。
 普段フラットでいる事が多いのは、一度興味が湧くと大きく振れる事の裏返しとも言える。
 能動的に何かをする気になる事はあまりなく、そういう意味では受動的。
 だが、一度火が点くと精力的になるため、受動的な活動家というおかしな立ち位置を保っている。
◆日向 つばめ(ひむかい つばめ)CV:西野みく
 学園の2年生。
 活発で行動的で、自立心が旺盛。
 女の子特有の「群れたがる」傾向があまりなく、何事に対してもアクティブに接する。
 その為、同性から反発される事も少なくなく、友達はあまりいない。
 昼食なども別クラスの子と一緒に摂る事が多く、教室にいる事は割と少ない。
 いくらアクティブと言っても、電車が停まる度に歩いて学園に通っていた訳ではなく、
 今までは他の学生と同様に動くまで待っていた。
 この日に限って
 「歩いてでも、学園に行こう」
 と思ったのには理由があった。
◆皆瀬川 由子(みなせがわ ゆうこ)CV:みすみ

つばめの知り合いである学園の卒業生。
現在は別の町に移り住んでおり、時々電話で話す仲。
成績はいいが基本的にドジなので、そうは見えない。

※『てすた』に登場、今作では声のみの登場となります。
◆小坂 真琴(こさか まこと)CV:みすみ

学園の英語教師。

『鋼鉄の処女』と呼ばれている。
厳しく息の詰まるような授業を行う為、学生からの人気は低いが、要点を捉えた的確な指導方法は、脱落者も極端に少ない。
固そうな印象を受けるが、見た目よりはわりと柔軟。

(昔は固かったらしいが、ちょっと変わったらしい)

※『僕と4人の女教師』『てすた』に登場

■イベントCGサンプル

■スペック
原画:黒ちく
シナリオ:古月拓海

■スペック
OS:Windows2000/XP/Vista